雑記

 

2018年 5月28日(月)

 

今日は、

 

①風邪の話

②ジャニーズの話

③夏の話

 

の三本です。番号をタップしても各章へは飛びませんので、スクロールしてください。

 

 

①風邪の話

風邪を引いている。昨日も21時までアルバイトの予定であったが、19時半ごろに帰してもらった。

具合が悪いときに具合が悪い顔をできず、のんきに『隔週刊 ニードルフェルトでねこあつめ』やら「知念実希人ご本人のお顔がついたポップより、従来のイラストつきのポップの方が売り上げに繋がる」やら何やらのお話をしてしまっていた。

今日は休みだったので、「酒は百薬の長」という古来より伝わる言葉を信じ、ヒルナンデスを見ながら金麦糖質75%オフを飲んだが、頭痛がさらに強まりイブA錠の世話になることとなった。大バカ者である。

しかし、ようやくandymoriの『andymori』を聴けるまでには回復したのでよかった。

普段、頭痛より腹痛派なので頭痛が怖い。ググると「くも膜下出血」とか「脳卒中」とか、完全に死ぬ系の言葉にヒットする。腹痛の場合、だいたい朝井リョウのおもしろエッセイに「わかる」となり、ヘラヘラしていられるから、腹が痛い人には朝井リョウのおもしろエッセイを処方する。

健康でないと音楽が聴けないので健康は大事である。

ちなみに、わたしの弟は「もし、ドラえもんの道具をひとつやると神より告げられたならば、迷わず『お医者さんカバン』をいただく」と常々言い歩いている。「健康でなければどこでもドアも意味が無い」と高校に上がって初めての自己紹介でプレゼンしたそうだ。

 

 

②ジャニーズの話

最近は、ジャニーズ事務所よりデビューしたKing & Prince(キンプリ)の皆さんに夢中になっている。これまでジャニーズ(主に相葉雅紀)に相当の額を投資している姉が、「ついに妹がジャニーズに目覚めてくれた」と歓喜し「CDを買ってやる」とまで言ってくれた。

姉と原宿のジャニーズショップ(ジャニショ)へ行ったことがある。店内には、小学校の遠足のスナップ写真のようにジャニーズの皆さんの写真が掲示されており、その写真に振られた番号を専用の用紙に記入し、レジで写真を受け取る、というシステムである。たしか、1枚150円だかそのくらいのお値段だった気がする。わたしは「写真1枚で飲み物が買える」という理由で何も購入しなかったが、姉は飲み物と引き換えに、飲み物より生命活動を支えるという写真を数枚購入していた。

わたしは、バイト先のTSUTAYAのモニターで流れるキンプリの皆さんの映像をチラ見しながら、明星やWink upの上のホコリばかりを叩いている。

ちなみに、ジャニーズであればV6のイノッチ、Sexy Zone松島聡くんが好みである。キンプリでは岸くん、岩橋くん、永瀬くんを特に応援したいと思っている。

 

 

③夏の話

2年くらい前の話だが、当時好きだった人と隅田川の花火大会に行くことになった。田舎者のわたしは"隅田川"というワードだけで飯を3杯は食えた。しかも、+花火大会ともなれば、あと2杯はおかわりしたものである。

「お互い浴衣を着ましょう」ということになった。彼の浴衣姿を写真で見せてもらうと、それはそれはもう明治時代の文豪みたいだったので、舞い上がったわたしは初めて手にしたボーナスで浴衣を購入した。それがけっこうな額で、浴衣、帯、下駄を合わせて10万円ほどした。強気のわたしは10万円引き落としされた口座を見て「文豪とともに行く隅田川ならこんくらい当たり前だべ」と思った。

しかし、花火大会が近づくにつれ、文豪との間で喧嘩が絶えなくなった。

今思えば、LINEでの喧嘩というのは非常に不毛である。文豪を相手に、知性の「知」の字の「矢」の部分、理性の「理」の字の「王」の部分も完成しないほど、知性と理性に欠けた発言をし続けた結果、花火大会の話は無しになった。

しかし、他人が着ているどの浴衣を見ても、わたしの浴衣に勝るものはないなと思う。買って後悔はしていない。今年の夏は、この浴衣を着て地元の花火大会に行こうと思っている。

f:id:gmkss:20180528215532j:image