ごきげんアゲアゲでいたいぜ

 

2018年7月11日(水)

 

細い路地、赤い車、窓を全開にして片手でハンドルを操作しながらやって来た女に睨まれた。

と思ったのだけれど、女はサングラスをかけていたので、睨んでるかどうかなんてわたしにはわかるはずなかった。

 

今日はnoteにエッセイの感想を書いたので、そっちを読んでいただけるとうれCです

『神さま、私のこと好きなんじゃないかな』

著 / 梶本 時代

https://note.mu/naruto_nerineri/n/na2268875ebb5

 

いっつもごきげんアゲアゲでいたいぜ