時効について

 

2018年7月13日(金)

 

一年前のおみくじに書いてあることがわたしの信じたいことなので未だに捨てずにいるし信じている、時効というものは存在しないでほしい。思い出話とか「時効だし」と言って切り出さないでほしいな、それはさーたとえば更新を否定しているのではなくて何かを得るたびに何かを諦める/なければいけないという思考への抵抗、と言っていたいのですがどうですか、というわたし自身、巨大な矛盾を抱えて生きていることに気がつくけれどなんかどーしても、わたしの中に見つけた正しさはわたしの中で正しいのだからどーしてもぜんぶわたしの中で守りきりたいわけ、守りたいわけってはじめ書いたけど書き足した、やっぱ完遂したいし

 

f:id:gmkss:20180713094625j:image