送り火

 

2018年9月2日(日)

 

【近況報告】

 

☆テン、テン、テン、テーン♪

KICK THE CAN CREW岡村靖幸のコラボ楽曲『住所feat.岡村靖幸』が大好きすぎて、1日が32時間あったら24時間聴いとるわ!って感じです。

https://youtu.be/eCfRRm-yyMY

iPhoneからURLの埋め込みの仕方がわかりませんが、まだだよーって人は↑から聴いてみてくださいね

 

欅坂46の長濱ねるちゃんの公式ツイッター宛に酷いメッセージを送った人たちのことを通報しました。

先日、金木町にあるなんとかというお寺で大変りっぱな地獄絵図を観てきましたが、彼らがその通りになってくれたらいいなあ、という気持ちです。針系の地獄がいいなと思います。

 

☆わたしはカリフォルニア檸檬さんのおたくなのですが、今日はカリフォルニア檸檬さんとお寿司を食いに行きました!

カリフォルニア檸檬さん(イメージ)

f:id:gmkss:20180902234911j:image

待ち時間が10分あったのですが、待つルームにあったガチャガチャ(ガチャポン?)を回しました!お寿司3皿ぶんもしました。わたしが1皿、檸檬さんが2皿ぶんを払いました。欲しかったのは、サンリオの崇高なおもちゃです。

f:id:gmkss:20180902235947j:image

しかし、お寿司に代わるお金を入れたにもかかわらず、お金が詰まってしまい、おもちゃもお金も出てきませんでした!忙しいときにこんなことで呼び出してしまい、申し訳ないなあと思いながら店員さんに声をかけました。すると、店員さんが外国の方で、お寿司以外のことだったので困惑させてしまい、さらに申し訳なくなってしまいました。カギを開けてもらい、手を突っ込んで好きなものを選びました。選ばれたのは、紫のやつです。

53番テーブルに通されたので、53番テーブルに座りました。語呂合わせ的にはゴミ席です。

スシローは、かっぱ村や北大路欣也帝国のように高速道路が整備されていない集落でした。タッチパネルで注文したお寿司は下道を赤いお皿に乗ってやってきます。でも、お寿司はGWや夏の帰省ラッシュでも渋滞しないので、人間より賢いと思います。人間もお寿司を見習ってください。道路が高速で動く時代、早くきてほしいです。

わたしは1皿目に『まぐろ』をチョイスしました。「1皿目にまぐろ(をチョイスするの)は頭使ってない」という発言は、かなりアツいと思います。

檸檬さんはずっと『檸檬』のお寿司(酢飯の上にスライスされた檸檬が3枚乗っているさわやかなお寿司)だけを20皿も食べて「安直」と自虐していました。(フィクション)

檸檬さんはおそらくIQが53万くらいあります。だから、IQが2のわたしと会話をするときは52,9998も気遣いをしてくれていることになります。わたしは今、53万ひく2をするのに電卓をつかいました。

わたしは組織に憧れているけれども、やはりひとりでやるのが合っている気がします。組織の中にいると組織の一部になってしまうからです。夢は、わたしが死んだときに訃報が10万リツイートされることです。

終盤、鯖の押し寿司が5連続で流れてきました。ガチャガチャでゲトったおもちゃと形がよく似ていました。しかし、おもちゃは光るのでおもちゃの勝ちです。小さな紫色のライトを光らせて、流れゆく鯖の押し寿司たちを見送りました。わたしは「送り火」と言いましたが、正しくは川に流れてゆくのは火のほうで、ここでいうところの鯖の押し寿司たちです。だから、おもちゃが光ったままレーンの上を流れていくのが、もっとも理想的です。

気がついたら「ラストオーダーです」の店内放送があり、檸檬さんはラストオーダーでも『檸檬』のお寿司を注文していました。

外に出ると、濃い月が低い位置に見えていました。あれはどう見てもたくあんでした。そういえば、茄子の漬物が乗ったお寿司を注文していた人がいて、カッケーなと思いました。次は茄子の漬物の月が見られるとよいと思います。

 

「がんばるぞー」というお気持ちにさせてもらいました!