浮遊と沈殿と霧散

 

2018年9月17日(月)

 

今朝の雨宿りの写真

f:id:gmkss:20180917222136j:image

 

ジャスコの2階にある謎のゲーセンコーナーの写真

f:id:gmkss:20180917222649j:image

 

ローソン

f:id:gmkss:20180917222746j:image

 

おんぼろのチャリ、明日でお別れ

f:id:gmkss:20180917222846j:image

 

さすがにカプセル内では飲食してないですけども

f:id:gmkss:20180917223000j:image

 

調子どうですか?元気すか?松屋の牛丼うまいか?こっちは、「チャーっす」と言いながら歩いてたらヤンキーが振り向いたよ。おれこそが正義であるとおれが信じていないと、正義ってそういうもんじゃないんかい?おれたちは集合体なので、集合体でしかないので。きみの魅力は、きみの孤独にあると思っていたんやが、そうするとおれは、きみに近づくことができないのだということに気がついたよ。困った。こんなにも集合体なのに、集合体でしかないのに、どうしてきみは孤独なのだ、と思う。きみの孤独をおれが破壊したなら、きみそのものも破壊することになるだろう。なにか、いい方法はないですか。

 

死ぬことは終点ではないのだと思います。死ぬことは過程ですよ、急行でも、死という地点では必ず停車するものなのです。たとえば、新宿駅ですれ違っても、ぼくに気がついてくれますか?約束ができないのなら、これ以上は関わらないでほしいな。

 

とうめいな昼間の電車 からっぽのからっぽのなかぼくだけがいる